法人でタブレットを導入するメリットや注意点など

インターネットの発達によって、まずパソコンが普及し、やがて電話にも活用された結果、スマートフォントというパソコン同然の携帯電話が誕生しました。


そして最近では、タブレットと呼ばれる、よりパソコンの機能に特化した電子機器が誕生し、今でもどんどん進化しています。


個人が趣味や娯楽のために使いこなすという印象が強いですが、最近では法人でも導入されつつあります。
最近ではパソコンもハイスペックなものが誕生していますが、あえてタブレットを導入するメリットは何なのでしょうか。
また、導入する際の注意点も簡単に見ておきましょう。



まず、パソコンに比べて持ち運びしやすく、電池も長持ちしやすいというメリットが挙げられます。
パソコンだと、長時間持ち歩く予定があるときには、途中で充電ができる喫茶店に立ち寄ったり、容量のあるバッテリーも一緒に持ち運んだりと、何かと面倒です。


一方でタブレットは、一台がそんなに重くはなく、最近のスマートフォンと同じく電池が長持ちしやすいという特徴があるので、長時間持ち歩く予定があっても安心して活用することが可能になります。

パソコンに比べて場所を取らないこともメリットでしょう。



しかも、様々なケーブルをあちこちに張り巡らせる必要がなく、スッキリと整理しやすいことも魅力的です。



そして何といっても、パソコンに比べて安価なことも見逃せません。

ビジネスで用いるパソコンは、1台15万円から20万円以上は下らないですが、タブレットは5万円から10万円で導入することができます。



法人はなるべく経費を抑えて営業活動に回したいので、費用の安さには注目するべきでしょう。



一方で注意点もあります。

http://www.yomiuri.co.jp/adv/meishi/refresh/ref_machida.html

まず、パソコンほど大容量ではないという点が挙げられます。

http://girlschannel.net/topics/913745/

今後容量は増えていくことが予想されますが、大量の取引やデータを抱えている企業の場合は、パソコンの方がメリットがある場合もあります。

次にセキュリティの問題です。

https://m3q.jp/t/2717

パソコンは、ウイルスバスターのソフトや、個人情報の漏洩防止システムなど、様々なセキュリティの技術が発達しています。
タブレットも一応はセキュリティに対して様々な対策やシステムを導入しつつありますが、それでもまだまだパソコンには及ばない部分が多いです。


そのため、両者を適切に利用しつつも、重要な取引やデータを取り扱う際には、セキュリティがしっかりしているパソコンを利用するなどの工夫を施しましょう。

最近は、個人向けのものだけでなく、法人企業向けのものも販売され始めています。


今後は、パソコンにおけるマウスやキーボードなどの周辺機器やセキュリティの充実、容量の拡大など、ますます法人にとって便利になるようなものも開発され、販売されることでしょう、コツとしては、パソコンと一緒にバランスよく導入することであり、お互いの足りない部分は補い合い、良いところは干渉しすぎないような環境を作ることを意識するようにしましょう。

関連リンク

  • 格安スマホは機種代金の安さと、月々の通信料金を抑えられると評判になっていますが、一方で、使いこなせずに無駄になってしまう場合もあります。購入前によく考えて利用する必要があるでしょう。...

  • インターネットの発達によって、まずパソコンが普及し、やがて電話にも活用された結果、スマートフォントというパソコン同然の携帯電話が誕生しました。そして最近では、タブレットと呼ばれる、よりパソコンの機能に特化した電子機器が誕生し、今でもどんどん進化しています。...