飲食店を経営するならPOSを使おう

会社の経営効率を上げる為に人員削減が度々行われています。
終身雇用制度が導入されていた頃は依願退職などしない限り退職を迫られることなく、定年まで会社に雇用されていました。



崩壊した今日においては働き盛りの40代前後で退職を迫られることになります。

おのような時代背景から会社に雇用されるのではなく、飲食店を経営する人が年々増加している傾向にあります。

フラットアンテナに関する情報が閲覧できます。

外食業界は未経験でも参入することができ、常に新しさを求めるお客様が多いことから、斬新なアイディアを求められているのです。



飲食店経営を始める人が多いということは失敗する人も多いことを意味しています。



失敗する人の多くが勘だけに頼っている傾向にあります。

勘ではなく第三者も理解ができるデータを使うことで成功する確率を上げることができます。

データを取る方法にPOSの活用があります。


レジに付加するだけでデータ収集することができるのです。POSを導入することで得られるメリットをいくつか検討してみましょう。


1、お客様が多く来店する時間帯を把握できる2、ターゲット層が来店しているのか確認できる3、天候情報等も記録しておけば売り上げの増減している理由をつかめる4、POSシステムはレジ操作に付加するだけなので、接客に支障がないそれぞれ詳しく考えていきます。

1、お客様が多く来店する時間帯を把握することができれば、人件費の節約に繋がります。
多く来店する時間帯は従業員を多く雇用し、少ない時間帯は少なくするなどの調整をすることができます。
データを多く集めることができれば従業員のシフト調整をする時にも楽にできます。

2、飲食店を創業する時にはターゲット層を決めて客単価を決めています。

基本も充実したフラットアンテナ情報の豊富さで有名なサイトです。

客単価は売上高にも影響をするので重要な指標です。当初想定していたターゲット層が来店をしているのであれば良いのですが、年齢層が低い場合は客単価が低くなります。
売り上げに直結するデータであり新たに融資を受ける時にも使用することができます。

3、売上高は日々増減しています。
増減する要因のひとつに天気や気温などの外的要因があります。
売り上げが上がらないとキャンペーンを連発するよりも、なぜ売り上げが高くならないのか理由を突き止めることの方が重要なのです。天候情報を入れておけば無駄なキャンペーンをする必要がなく、対策をしやすくなるのです。


キャンペーンを連発すると利益を圧縮することになります。

http://www.nikkei.com/markets/company/?scode=7911

なぜなのか理由をつかむことが大事なのです。

https://oshiete.goo.ne.jp/qa/595667.html

4、従業員がレジを操作する時に来店したお客様の年代や性別などを入力することでデータを集めることができます。

従業員の作業にひと手間増えることになりますが、業務に支障がでることはありません。

http://getnews.jp/archives/705216

従業員が見たお客様の情報をボタンひとつで操作ができるので時間がかかることはないのです。
外食はデータを攻略することができれば売り上げを高めることができるのです。勘に頼るよりもデータが重要です。

関連リンク

  • 近年、「格安スマホ」の利用者が年代層にかかわらず右肩上がりに増加しています。格安スマホとは、スマホに内蔵されている着脱可能なSIMカード(個別のID番号が登録されている小型ICカード)を格安SIMに入れ替えたスマホのことです。...

  • 会社の経営効率を上げる為に人員削減が度々行われています。終身雇用制度が導入されていた頃は依願退職などしない限り退職を迫られることなく、定年まで会社に雇用されていました。...