格安スマホの仕組みと利用料金が安い理由

近年、「格安スマホ」の利用者が年代層にかかわらず右肩上がりに増加しています。
格安スマホとは、スマホに内蔵されている着脱可能なSIMカード(個別のID番号が登録されている小型ICカード)を格安SIMに入れ替えたスマホのことです。
従来は大手通信会社(キャリア)と契約しなければ電話をかけたり、データ通信をすることができませんでした。
スマホや携帯電話にはSIMカードが入っていて、キャリアはこの端末のSIMにロックをかけて利用者の囲い込みをしていました。


ロックがかけられた状態だと契約会社のSIMカードでしか端末を利用することが出来なませんでした。

このことが理由でスマホ利用者の増加が頭打ちになってしまいました。

しかしMNP(使用中の電話番号を持って自由に移動できる)制度と、2015年に総務省がSIMロック解除を義務付けて以降、格安スマホが脚光を浴びてきて、結果スマホ全体の利用者が急激に増加することになりました。

大手家電量販店、大手スーパー、IT企業などさまざまな業種の参入が相次いで格安スマホの人気に拍車がかかり、SIMフリースマホ(SIMカードを自由に入れ替えることができる端末)も次々と登場してきました。
そこで注目されてきたのが格安SIMを提供するMVNO(仮想移動体通信事業者)と呼ばれる通信会社です。

MVNOとサーバー契約をむすび、お気に入りの使い慣れたスマホのSIMカードを入れ替えるだけで利用料金を安く抑えることができるようになりました。

利用料金が安いのにはいくつかの理由があります。
MVNOは独自の通信網を持たずにほとんどがドコモ(一部はau)から使われていない通信回線をレンタルして独自の格安通信サービスを提供しています。


基地局の整備や通信設備のメンテナンスなど維持管理費がかからないため、その分コストカットが出来てキャリアよりも安いサービスを提供できるという理由です。
もちろんキャリアの通信回線ですから高速通信の仕様になっています。


以前はデータ通信のみのサービスでしたが、最近では音声通話サービスも提供するようになり益々便利になってきました。
音声通話対応SIMにすることで、制約付きではありますが、インターネット回線(パケットを消費)やドコモの電話回線を利用した定額かけ放題プランなども登場しています。

格安SIMのデータ通信にはプランごとに1日と3日トータルのパケット利用制限があり、制限を超えると通信速度が落ちますが、利用料金は契約したプランの定額料金のままなので安心です(プラン変更は月ごとに可能)。MVNOによってサービスの特色が異なりますので自身のニーズにあったプランを提供している業者を選んでください。
また、最近では、MVNOと大手流通企業などとタッグを組み、格安SIMと安い端末をセットで格安販売しはじめており、益々競争が激化しています。端末自体も大手メーカーのような機能満載でハイスペックな高額なものではなく、機能を極力抑え、スペックもロースペックもしくはミドルスペックにとどめているため低価格になっています。
内蔵されているCPUの処理能力もやや劣るため、使用感はハイスペックの端末ほどのサクサク感はありませんが、アプリのダウンロード、インターネット検索、メール、オンラインゲームなどを利用するにおいても不便を感じることはありません。

このように、格安スマホを利用すればキャリアと比べて年間で数万円の削減も可能です。

スマホ自体のハードルも低くなっていますので、是非挑戦してみて下さい。











http://news.jorudan.co.jp/docs/news/detail.cgi?newsid=AO63475

https://matome.naver.jp/odai/2138404641719045701

http://top.tsite.jp/tag?q=%E5%B9%B4%E8%B3%80%E7%8A%B6

関連リンク

  • タブレットは初めて買うネット用デバイスとしておすすめです。パソコンとは対照的なシンプルなデバイスであり、難しい作業をする事なく、使い始められますので、機械に対して苦手意識が強い方でも安心です。...

  • 格安スマホは機種代金の安さと、月々の通信料金を抑えられると評判になっていますが、一方で、使いこなせずに無駄になってしまう場合もあります。購入前によく考えて利用する必要があるでしょう。...